河岸八ゑ子の人生相談 人間関係の悩み(2)

▼シェアボタンで友達に送る

 

 

自分の感情をコントロールする

 

そうは言っても、悪口や陰口など、ひどい事を言われたり、意地悪なことをされたり…。

 

 

そんな時、どう対応するか、困ることもあるでしょう。

 

 

そういう時には「まともに相手をしない」、「まず黙り、平然と対応する」

 

 

「傷つくのは相手の思うツボ」のような考え方がいいかも知れません。

 

 

 

人間関係のトラブルが大きくなってしまうのは、「感情の問題」が大きいとされています。

 

 

相手に対する怒りなどの感情が収まらないから、悩みが続いてしまうのでしょう。

 

 

相手のことを「許せない」などと思っているうちは、モヤモヤ感情はなかなか収まりません。

 

 

「そんな人もいる」と考え、受け入れることができれば、モヤモヤ感情も少しは収まるでしょう。

 

 

考え方を変えることで、感情はある程度はコントロールできると思います。

 

 

「このことは考えても仕方ない」とよく考えてみれば、そう思えることが多いのではないでしょうか。

 

 

「このことは考えても仕方ない」=「考えなくてもいいこと」と自覚し、

 

 

「このことを考えるのはよそう」と心掛けることができれば、そのことを考える時間も減り、

 

 

相手への怒りも小さくなっていくのです。

 

 

 

また、トラブルがあった人を「いい練習相手」と考えてみてはどうでしょうか。

 

 

人付き合いや感情のコントロールを練習するための相手です。

 

 

そう考えることで、相手から受ける感じも変わると思います。

 

 

実際に自分が成長できれば、「いい経験」にも変わることになりますから。

 

 

この感情をコントロールするというのは、結果的には人間関係だけでなく、自分の人生を幸せに導いてくれます。

 

 

感情をコントロールできる自分を作るというのは、とても大事なのですね。

▼シェアボタンで友達に送る