河岸八ゑ子の人生相談 人間関係の悩み(3)

▼シェアボタンで友達に送る

 

 

聞き上手

 

 

会話が苦手な人の中には、「上手くしゃべりたい」「いいことを言えるようになりたい」と思う人が多いと思います。

 

 

ですが、自分がしゃべらなくても会話に参加することはできます。

 

 

しゃべるのが苦手な人は、無理に話し上手ならなくとも“聞き上手”を目指したほうがいいのかもしれません。

 

 

話し上手より聞き上手の方が遥かに人間関係が良好になります。

 

 

 

「会話上手は聞き上手」「聞き上手は交際上手」などとも言われるくらいです。

 

 

聞き上手になるためのコツ、それは、“相づち”などの“リアクション”をはっきりすることだと思います。

 

 

それがポイントです。

 

 

相手の話にあわせて、「うん」、「そうだよね」、「それいいね」などの相づちを適度に織り交ぜてやることで、自然に相手を話し上手にすることができます。

 

 

ちょっとしたことですが、相づちを心掛けるだけで心を開いてもらうことができるのです。

 

 

また、相手の話を聞いている間は、「自分の意見を言わないこと」も重要です。

 

 

相手が気分よくしゃべっているときに、違う意見を言ってしまうと相手がしゃべれなくなってしまいます。

 

 

ついつい、言ってしまったことで相手の気分を害するときもあるのです。

 

 

相手が話し終わったな、と思うまでは自分から話すことはせずに、相づちを打つようにするといいと思います。もちろん、心を込めて聞くのは基本です。

 

 

相づちをいれて聞く

 

・話をさえぎらず、最後まで聞く事。

・否定ではなく、共感できる部分を探して聞く事。

・先入観、自分の考えを持って聞かない。

 

 

つまり、思いやりを持って接するということなのです。

 

 

思いやりを持っていれば自然に出来ることでもあるのです。

 

 

人の話をよく聞くことは、人を幸せにする方法の第一歩です。

 

 

聞き上手になることは、人間としての成長でもあると思います。

 

 

聞き上手になることが幸せに暮らすための力にもなってくれるはずですね。

▼シェアボタンで友達に送る