浮遊霊

▼シェアボタンで友達に送る

 

 

自分が死んだことを理解出来なかったり、自分の死を受け入れることが出来ない霊のことを言います。

 

 

つまり、まだ現世を彷徨っている霊なのです。

 

 

肉体から離れて浮遊している霊全般が浮遊霊です。

 

 

この浮遊霊は、成仏出来ず天界へ昇天出来ないのです。

 

 

突然死んだ場合などで自分が死んだことを理解出来ない場合や、心理的に受け入れられない場合などに、現世(この世)を彷徨い続けるのです。

 

 

浮遊霊の中でも、特定の場所や建物に居付いてしまっているものは地縛霊と呼んで区別することがあります。

 

 

いずれの霊も現世(この世)への未練が強い為に色々な影響力があります。

 

 

もっとも死んだことを受け入れられない霊の未練は特に強く大変です。

 

 

このような霊は先祖霊など、自分を守ってくれたり、力を貸してくれたりする霊とは違い、災いをもたらす場合が多いので特に注意が必要です。

 

 

波長や波動が合わないと影響力は少ないのですが、ひとたび波長が合うと本当に大変です。

 

 

このような霊は負のエネルギー、つまり陰の力に作用します。

 

 

自分の中に出来るだけ、このような陰のエネルギーを持たないことが大切です。

 

 

ちょっと落ち込むような程度のマイナスエネルギーでは簡単には波長は合わないので、そんなに気にすることではありません。

 

 

自分でもコントロール出来ないようなマイナスエネルギーにならないように心がけるのが大事なのです。

 

 

その為には普段から、自分自身の心を明るく保つことです。

 

 

明るい心、笑顔はこのような霊からも守ってくれるのです。

▼シェアボタンで友達に送る