人間は、必ず死にます。でも命には続きがあるのです。

▼シェアボタンで友達に送る

赤ちゃん 手

 

 人間は必ず死にます。

現在病気で生きる望みを無くしている人、仕事を失って生活苦にあえいでいる人、家庭内のトラブルで身動きも取れない人など、様々な苦悩を背負いながら生きている方たちに、このブログを通して力の限りメッセージを送り届けたいと思っております。

 

その事によって、明日の生活が、より満ち足りたものとなり、人生に希望がわいてくる事を確信しています。

 

人間は必ず死にます。でも命にはまだまだ続きがあるのです。

 

肉体は死んでも霊魂は永遠に不滅で有り、肉体が地上から、消え去った後も、生き続けているのです。

 

私にとって『神』という存在は、キリスト様やお釈迦様やアラーでは無く、『神界』に存在するすべての賢者聖者の総称を指します。
では、『神界』とは、どのような世界でしょうか?

 

霊界  天界  神界

私たちは現世という地上に生きています。死んで肉体と霊魂が遊離し肉体は滅びますが、霊魂は『霊界』に昇って行きます。

 

この、『霊界』には様々な霊魂がうごめいており、あるものは、自分が死んだ事さえ気付かずに、現世の人間社会との間を浮遊しているものもあります。

 

その『浮遊霊』が時々生きている人間に、つきまとう事がありますが、そのような霊魂の状態を『浮遊霊』と表現しています。

 

これらの『浮遊霊』を諭し、『天界』に送り届けるのが私の役目となっております。

 

『天界』というのは、浄化された『霊魂』が住む所であります。

 

そして、現世で真心を持って生きた人であれば、『霊界』に留まる事なく、真っ直ぐに『天界』に昇ることが出来るのです。
『天界』はすべてが光り輝く所です。

 

妬みや罪やけがれのない慈しみと愛に満ちた歓びに溢れている世界なのです。

 

そして、私たちすべてが、努力する事によって到達する事が出来る世界なのです。

 

その『天界』の上に、前述の『神界』があります。そこには『神』のみが存在しています。

 

『天界』は光り輝く世界だと書きましたが、『神界』はそれ自体が発光体であり『天界』より更に満たされた『愛』の世界なのです。
そこに住む姿のない『創造主』こそ『愛』に溢れた『神』なのです。

 

そしてそこに住む『神』こそが地上の人間を支配しているのです。
心こそが真理であり、摂理であり、そして倫理なのです。
その心に素直に従って生きて行く事が、幸せになる為の道なのです。

 

浄化された霊魂たちは、自分を救う手助けをしてくれる。

『天界』に昇った霊魂もまた、現世の人間を救い、助け、力を貸し、望みを与えてくれます。私たちはそれらの『神』や『霊魂』に生かされている事を感謝しながら、日常の生活を充実させて行かなければならないのです。

 

幼児が無心に母のふところにすがる無垢な心をもう一度思い出し、見つめ直して、欲しいという事です。

 

そうすれば、氷の様であった心も溶けるし、宇宙から送られてくる光を受け取る事が出来るのです。

 

その事さえ出来るならば、相談者として私の所にこな来ても、私と波長を合わせる事により、苦悩も無くなる事でしょう。

 

しかし、その事に気付かず、不幸にして苦悩に満ちた人生を歩んでおられる方もいるはずです。

 

それらの人達の相談を受け、私は『宇宙エネルギー』を受け止め、そのエネルギーを注いでいるのです。

 

『神界』の『神』や『天界』の『霊魂』と語り、お願いをして力を与えてもらうという仲介者の役割だと言えるでしょう。

 

このブログを読む事によって、あなたの人生が、幸せな方向に転換すると信じています。

 

 

あなたの精神のブログとなれば幸いです。

 

▼シェアボタンで友達に送る