死んでいたことを理解していなかった母の浄化で、家族の問題が解決

▼シェアボタンで友達に送る

 

突然の母の死

 

 

二十五歳の男性の相談者でした。

 

それまですべてが順調で、とりたてて問題はなかったのですが、

 

最近、私的にも公的にも人間関係が気まずくなってしまって悩んでいるというのです。

 

その方と父親との折り合いが悪く、会社でも様々なトラブルに巻き込まれて、

 

『辞めてしまいたいほどだ』というのです。

 

何かあるのではないか、みてほしいと訪ねてきました。

 

聞くと、二年前にお母さんが亡くなったということでした。

 

観光でハワイに行く途中、飛行機の中で具合が悪くなり、

 

ハワイ到着と同時に病院にかつぎ込まれ、そのまま亡くなったそうです。

 

早速、そのお母さんの名前を呼び、霊界にいるお母さんに波長を合わせてみると、

 

お母さんはふーっと目の前に姿を現してくださいました。

 

訪ねてきてくれた男性に

 

『あなたのお母さんは今ここに来ていますよ。笑顔のやさしい、いいお母さんね。

 

とてもふっくらとしていて髪は短めに揃えていらっしゃるわね』と言うと、

 

その男性はまったくその通りだとびっくりしていました。

 

 

お母さんは自分が死んだと納得していなかった

 

 

私は、お母さんに話しかけました。

 

『あなたはもうすでに亡くなっていますよ』

 

『ええっ? そうだったんですか?』

 

お母さんは自分が死んだことを自覚していないのでした。

 

納得していないので逆にびっくりされました。

 

『もう、この世には戻ってこられないのですよ。

 

今あなたがしてるように、あちこち浮遊していると、残された家族の人たちがめちゃくちゃになってしまうのです。

 

どうか、あの世で新しく生まれ変わって下さいね。

 

すべてのことを許せる寛容な心をもった霊魂として生きて下さいね。』と伝えたのです。

 

そうしましたら『そんなつもりはなかったのです。家族には申し訳ないことをしましたね。』

 

と、お母さんは悲しい顔をしていました。

 

お母さんは自分の家にも入れてもらえず、ほかのところへいっても痛めつけられ、落ち着かない状態だったのです。

 

死んだ事を諭して、天界に送り届けた

 

動揺していたお母さんの霊を安心させ死んだということを諭しました。

 

それからは相談者のごたごたもなくなって、今は家庭も仕事も安泰だそうです。

 

自分が死んだと納得している霊の中には、業が深く、言うことを聞いてくれない霊もあります。

 

そのような霊は生前の生き方にも問題があります。

 

現世で素直な心をもっている人は、死んだのちも素直で、自分の家族や親類だけではなく、だれにでも幸せをもたらす波長を送り届けてくれます。

 

また、その力を受けるほうも、亡くなった霊のおかげで生かしてもらえているという感謝の心をもつことも大切でしょう。

 

そのお母さんの霊は霊界をさまよい続けていましたが、あまりに突然の死に、死んだことを悟っていないために現世と霊界との間をうろうろしていたのです。

 

私はお母さんの霊を浄化させていただき、天界に送り届けました。

 

もう、現世に現れることはないでしょう。

▼シェアボタンで友達に送る