先祖供養はいつがいい?

▼シェアボタンで友達に送る

 

日本では昔からお墓参りと言えば、お盆・お彼岸・故人の命日など大体決まったときにお墓参りや、供養します。これはとても大事な事です。

 

例外があります。それは、お仕事や育児、体調不良など、やむを得ずお盆・お彼岸などにお墓参りや供養に行けない方です。

 

実は結構いらっしゃるのです。

 

だけど、周りからすると『お墓参りもしないなんて!』とか、言われてしまうこともあるかとおもいます。

 

行くのが面倒だとかではなく、行きたくても行けないだけなのに言われてしまうものです。

 

お墓参りや供養は、いつでもよいのです。いや、常にすべきことであり、することによって自分の人生が大きく変わってくるのです。

 

実際に大事にされている方は非常に多いのです。
私のところに来られる方のなかでも、今現在上手くいっている方のほうが定期的に供養や浄化をしにきます。
普段から、こういうことを大事にしているから、さらにその人の人生は大きく飛躍していきます。

 

先祖供養とは誰もが強制されてお墓参りや浄化をするのでは無く、いつでも自然な形で先祖供養をして上げたいと、気付いた時になさるのが、心よりご先祖に伝わってくれる事なのです。

 

みな様のお心次第ではご先祖はとても喜ばれ、その喜びはいつしか私たち現世での喜びに変えられていく事でしょう。

 

▼シェアボタンで友達に送る