日本人の宗教心

▼シェアボタンで友達に送る

 

 

私たち日本人は『宗教』という言葉を使う時に、とても慎重になるのは何故でしょうか。

 

 

私たちは生まれた直後から、親や親類など身内を通して信仰心を教えられます。

 

 

その信仰心が宗教心に繋がっているのです。

 

 

日本人の宗教心というのは世界的に見ても独特で、修行や哲学と言った意味合いではなく、ご先祖様を大切にしたり御墓参りなど先祖供養の事を一般的には言っています。

 

 

ごく普通にご先祖様を大切にし先祖供養を欠かしません。

 

 

しかし、この事と『宗教』は日本人にとっては違ったものという認識なのでしょう。

 

 

本来の宗教というのはいろいろな宗派があり、またそれぞれに修行が会ったりしますが今回はそういった宗教ではなく、

 

 

日本人がごく普通に行っている先祖供養やご先祖様を大切にするという『宗教心』は宗教とは違いますがこの心は誰もが持っており、またとても自然で、大切な事です。

 

 

亡くなったご先祖様は私たち子孫を守って下さっています。

 

 

そのご先祖様に感謝をし敬う事はとても大切な事なのです。

 

 

このような思いは自然と身に付いているのですが、意外と大事にされていないのが現状かもしれません。

 

 

この宗教心は、各国で儀式的な違いはあれど、基本的には万国共通の思いです。

 

 

神様に対する信仰心、ご先祖様を大切に敬う気持ち、この思いを大切にする為には、何かの宗教が必要だという事ではありません。

 

 

自分自身の真心、思いやりを自然に表すだけで良いのです。

 

 

この真心があなたの行動一つ一つに働きかけます。

 

 

先祖供養も自ずと自然に出来るようになるのです。

 

 

もちろん、ご先祖様も見守って力を貸してくれます。

 

 

その結果あなたの人生全てが変わってくるのです。

 

 

私たち生きとし生けるものは、必ず死にます。

 

 

魂の纏っていた衣である肉体が消滅し、残るは魂のみです。

 

 

魂は宇宙と一体化し、愛そのものとなるのです。

 

 

宗教心で表現すると、それを神様・仏様になると表現しているのです。

 

 

一般的に人間は死んだ後、天国界や地獄界にいくと言われていますが、天国界や地獄界を創り出すのは、私たち自身の潜在意識です。

 

 

私たちは死後、どの世界へ旅立つのも自由に決めることが出来ます。

 

 

それこそ私たち自身の信仰心・宗教心が問われます。

 

 

私は信仰、宗教を勧めることはありません。

 

 

どのような信仰心、宗教心であろうと、

 

 

自身の心の支えの一つとしてあることは自由なのです。

 

 

一人ひとりの自由意志を尊重することが大事なのです。

▼シェアボタンで友達に送る