「修行」とは、自分の人生を普通に生きること

▼シェアボタンで友達に送る

 

 

河岸八ゑ子のスピリチュアルカウンセリング

 

一般的に「修行」と言えば、お経を唱える、座禅を組む、滝にうたれる、トイレ掃除をする、また絶食など苦しい荒行を想像する方も多いと思います。

 

 

何か特別なことを行動することと考えられがちですがそうではありません。

 

 

「修行」とは、自分の人生を普通に生きること、これが最大の修行の場であり、最大の修行となるのです。

 

 

炊事、洗濯、掃除、仕事、勉学、遊び、喧嘩、病気、災難苦難、人間関係、悩み、ケガ、これら全てが人生であり、修行なのです。

 

 

多くの相談者は、背後に大きな想念を背負って訪れます。私は相談者の安心、安全を確保した上で、ゆっくりとした空間、ゆっくりとした時間を提供します。

 

 

そのような中で、時間の経過とともに相談者は自ら癒されていき、

 

 

相談者本来の笑顔、笑い声を取り戻していきます。

 

 

生きる力を取り戻すのです。

 

 

苦顔で始まり、笑顔で終わる。

 

 

これが河岸八ゑ子のスピリチュアルカウンセリングです。

▼シェアボタンで友達に送る