河岸八ゑ子の人生相談 生きる意味(1)

▼シェアボタンで友達に送る

 

生きる意味

 

「あなたは今、幸せですか?」と聞かれれば、「はい」と答えられても、「何かが足りない」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 

その「何か」の1つは、「生きがい」かも知れません。

 

 

「なんの為に生まれてきたのか?」「生きる意味は?」など、生きる為の疑問は、誰でも一度は考えたことがあると思います。

 

 

「生きがい」は、なくても生きてはいけますが、それを見つけられた人は幸せです。

 

 

そして、「生きがい」を見つけることは特別な才能もお金もいりません。

 

 

誰でも、見つけ、手に入れることが出来るのです。

 

 

今、生きがいがないという人は、あせらずにじっくりと生きがいを探してみることをおすすめします。

 

 

「生きがい」はそれほどに貴重な幸せだと思います。

 

 

生きがい探しのヒント

 

毎日小さな幸せを感じて暮らそうとしていますか?

 

 

小さなことでも幸せを感じられるように努力し、気分よく生活することを心がけてみる。

 

 

自分で自分を幸せにしようとしていますか?

 

 

幸せになれる計画をしましょう。

 

 

たとえば、旅行、映画や遊園地へ行く、祭りなどの地域や学校の行事に参加する、ボランティアをする、おいしいものを食べに行く等々。

 

 

失敗などをすぐに考えてしまい、やりたいことをほとんどやっていないのではありませんか?

 

 

幸せを自ら感じるためには、ある程度のリスクはつきものです。

 

 

なぜなら、幸せというのは、不幸との対比で感じる側面も持っているからです。

 

 

だからこそ、うまくいった時に幸せを感じることが出来るのです。

 

 

夢や大きな目標達成するために、当面は小さな目標を作ってみる。

 

ただなんとなく、日常生活に追われて生きていませんか?

 

 

たまには、自分の幸せや生き方について考え直してみてください。

 

 

「幸せな人生」を目指し、それができる自分を育てるように努力しましょう。

 

 

なんのために生きるのか・・・この問いに対しては、人それぞれにいろいろな答えがあっていいと思います。

 

 

「何かのために生きたい」と思える「何か」があればいいのです。

 

 

夢、目標達成、お金、仕事、欲しい物を手に入れる

 

 

愛、家族、誰かの役に立つ、社会貢献する

 

 

いろいろな経験をする、生活を楽しむ、等。

 

 

そのために「生きたい」と心から思えれば、何でもいいと思います。

 

 

たくさんあってもいいし、時とともに変わってもいいと河岸八ゑ子は思います。

 

 

幸せになれるものを見つけるか、なれたもので幸せを感じられるようになるか。

 

 

幸せになれるものを手に入れるか、手に入れたもので幸せを感じられるようになるか。

 

 

いずれにしても、人は「幸せになるため」に生きるのです。

 

 

努力しても幸せになれない人もあるだろうし、努力しなくても幸せだと思う人もいるでしょう。

 

 

幸せとは金銭欲や美的感覚、美食を全て満足しても心にみたるという感覚にはなかなかなれないでしょう。

 

 

ではそのためには、いろいろなものに触れてみた時、いろいろな人に言葉をかけられてみたり、お金をたくさん使って家も車も備わってきた時に、そこにあるものふれたものによって、心がいかに満たされたか、そしてその喜びが自分一人だけのものであるのか。

 

 

また、そこからそこにだけ酔いしれるのではなく、それをさらに生かしきって、自分が感じることのできる幸せ感、そのホットな心を独り占めするとかではなく、いろいろな人に生けてその心の輪を伝える事ができた時にこの上ない幸せを相手にも、そして自分にも、自然にも感ずることができるような達成感のある人生にしていきたいものですね。

▼シェアボタンで友達に送る