嫉妬深い妻に翻弄された夫 妻は先祖の悪霊に憑依されていた

▼シェアボタンで友達に送る

 

相手を信じきれないのは悲しい人生だ

自ら墓穴を掘り、結婚生活も破綻に先祖の悪霊や育った環境が原因

 

 

結婚生活十年目の夫婦ですが、夫は開業医で三十五歳、妻は三十二歳です。

 

 

子どもは三人います。

 

 

二、三年前から夫婦仲が悪くなり、夫が相談に来ました。

 

 

離婚したいというのです。

 

 

もう、結婚生活を続けていけなくなった、どうしたらいいかという相談でした。

 

 

最大の原因は妻のやきもち、見栄っ張り、浪費癖などでした。

 

 

例えば、病院の看護婦に対してのやきもちがひどくて、仕事で夜に出掛けても少し遅くなるだけでもう大変です。

 

 

『どこへ、どんな用事で外出したか』

 

 

『さっきの電話の女性はだれか』

 

 

『態度が変だ』など、こと細かに問いただされ、いちいち返答しないと逆上してしまうのです。

 

 

その夫も妻には細やかな気遣いをしないほうで、仕事ばかりが頭にある人です。

 

 

看護婦と浮気をするほどの暇もないし、そんなことは考えたこともないのに、妻に邪推され、夫婦二人だけになると、夜の二時、三時でも大騒動が始るのでした。

 

 

妻は屋上に上がって『身を投げて自殺してやる』と、ワメクのです。

 

 

茶の間では物を投げるし、這いつくばってワメクし、手のほどこしようがないというのです。

 

 

妻は絶食して意識不明の大騒ぎになる

一回目の時は、ただ夫の話をきいただけでした。

 

 

『少し気を落ち着けて、心を鎮めて、お奥さんの話を十分聞いてあげるように努力してみてください』と指示しました。

 

 

その後、何回か相談に来ましたが、妻の態度はだんだん悪化するばかりでした。

 

 

妻はかなり太っている人でしたから、美容のためにそれまで食事をとらないこともしばしばありましたが、まったく食事をしなくなったのです。

 

 

周囲の人たちはそのことを『きれいになりたいから食事をしないだけよ』と、笑っている状態でしたが、妻は夫に『あなたのせいで食べものがのどを通らなくなってしまった』と、毒づき、ついに意識不明の状態になったのです。

 

 

夫にはそれが狂言だということはわかっていましたが、放っておくこともできず、他の内科医に診てもらうなど大騒ぎになります。

 

 

それも一度や二度のことではなく、何度もあるから夫もほとほと疲れてしまったといいます。

 

 

妻の先祖の悪霊と育った環境が道を誤らせてた

さらに、妻は生活費を五十万も六十万も遣うふりをして、夫に内緒で貯め込んでいたのが、後になって透視によって判明しました。

 

 

妻を透視してみると、先祖の悪霊にとりつかれていました。

 

 

妻に関わったすべての人に怨念を与える五寸釘を刺すという霊です。

 

 

たとえば、わたしに預金通帳を透視され、夫に内緒で貯めたお金がばれた時も、わたしにところに謝りに来たように装って、陰で隠れて一部始終を。

 

 

『ここまでやれるものか』と身の毛のよだつ思いでした。

 

 

あとで、ひょっとしたことから、そのテープを聞くことが出来ましたが、自分に都合の悪い部分はすべて消していました。

 

 

さらに、透視してみると、妻の育った環境も災いを呼んでいました。

 

 

非常に金銭的に欲望の強い両親でしたので、精神的に心豊かに育てられておらず、自分の利益のためならば他をかえりみず、欲望につっぱしるという生活態度でした。

 

 

妻は心を磨き、悟ってほしいと念じている

こうなると、すべてが悪い方にばかり進みます。

 

 

わたしは、この時は、無理に結婚生活を続けさせるよりもお互いにそれぞれを生かす方法をとりました。

 

 

両方に弁護士をたてて調停してもらうことにしました。

 

 

相手を信じられないと悲しい人生を歩むことになります。

 

 

夫には女性関係などまったくなかったのです。

 

 

すべては妻の思い過ごしに過ぎなかったのです。

 

 

子どもは妻が引き取ることになりました。

 

 

夫の方にも先祖霊が心配をして憑いていましたから、今後のためにひょう依していた霊を浄化致しました。

 

 

浄化は一時間も二時間もかかる場合があります。

 

 

彼の先祖霊は、『決して見捨てることはしないから、安心して離婚しなさい。力を貸してあげるから心配することはない』と、彼に力づけていました。

 

 

離婚も成立し、夫にはいま彼を十分に理解してくれる女性もでき、進行中です。

 

 

妻にはもっと心を磨いて、二度と同じ人生を歩まないように悟ってほしいと、わたしは念じています。

▼シェアボタンで友達に送る