死ぬ前には、『お迎え』が来る?

▼シェアボタンで友達に送る

 

『お迎え』とは、死の直前にだれかが迎えにくるという意味ですが、だいたいが親や親族、配偶者、親しかった友人です。

 

 

そして、人が見えるのと同時に特別な風景が見えている時もあります。

 

 

この『お迎え』は必ず起こるものではなく、まれな現象として認識されているようです。

 

 

しかし、様々な研究からこの『お迎え』がごく普通に、しかも頻繁に起こる現象だということが分かって来ています。

 

 

死の直前にある人達は、何かが見えていたり、聞こえていたり、感じているようだということです。

 

 

『人には見えない存在や風景、それが見えていたり、聞こえたりする』

 

 

死の直前の人の状態ならば、波長が合ってくると普通のことなのかも知れません。

 

 

そして、この『お迎え』を体験した方のほとんどが、安らかな最後を迎えているのです。

 

 

この時に見える人は、ほとんどがすでに亡くなっている家族や知り合いが多いのです。

 

 

この『お迎え』に来ている人達は、亡くなった家族や知り合いは『幽霊』のような存在にみえますが、災いをもたらしたり邪魔をしてくるイメージの『幽霊』とは違うものと考えてもいいでしょう。

 

 

一番の違いは、『お迎え』に来てくれる人達は、十分な供養がされ『浄化』されている人達だと言うことです。

 

 

浮遊霊や憑依霊のように自分自身が浄化されていない霊は、誰かのために行動することは出来ません。

 

 

それよりも災いすら起こしかねません。

 

 

完全な『浄化』や『供養』によって浄められ、『先祖霊』となって家族や子孫を見守っている存在だからこそ出来るのが『お迎え』なのです。

▼シェアボタンで友達に送る