お札やお守りは一年まで?

▼シェアボタンで友達に送る

 

お札やお守りは一年まで?

お札やお守りは一年までとか、一年ごとに交換しなしなければいけないとか言われています。

 

 

これは一般的に言われていることです。

 

 

また、神社にいってもだいたい同じような回答が帰ってくると思います。

 

 

これは、はっきり決まっている訳でも、決まり事がある訳でもありません。

 

 

実際は全国的に一年で変える風習あるようです。

 

 

自分を守ってくれるものだったり、願いを叶えてくれるものだったりします。

 

 

つまり、運気をあげてくれるものです。

 

 

単純に持っていれば良いというものではなく、お守りやお札を持つことに対しての心構えや考え方が大事だと言うことです。

 

 

神さまの力に限界や期限がある訳ではありません。

 

 

効果が無くなるから買い替えるのではないということです。

 

 

感謝の気持ちでお礼をするために交換するのです。

 

足を運んで感謝の気持ちでお礼をする

お札やお守りを交換するためには神社やお寺へ行かなければいけません。

 

 

この、神社に行くという事が大事なことなのです。

 

 

通信販売などで買うというのはあまり良い事とは言えません。

 

 

感謝の気持ちを伝えるためには、やはり直接行くことが望ましいことです。

 

 

神社、仏閣というのは何百年もの歴史があり、そこに建っています。

 

 

そして、その場所自体がパワースポットになっているところが多いのです。

 

 

つまり行くだけでも運気をあげる事が出来るのです。

 

 

こういう場所はどんどん足を運んで下さい。

 

 

お守りはそれ自体に効果があるという事よりも、神社や仏閣に足を運んだ証として持つと考えてみてはどうでしょうか。

 

 

つまり、何年も古いお守りを持っていたり放置していたりするという事は、感謝の気持ちを忘れているという事なのです。

 

 

実際にお守りやお札を何年も放置して大変な事になったという例がありました。

 

 

何年も古いお守りやお札を放置しておくと逆に分を呼び込んでしまう事さえあるという事です。

 

 

最後に一年という期間についてですが、今までのお話でわかったと思いますが、一年でなくても毎月でも良いという事です。

 

 

一年というのは人生においても節目としてちょうどいい期間です。

 

 

『一年の計は元旦にあり』という様に、目標を達成させたり、願い事をかなえるためにも大きく過去を振り返りどのように変化があったのかを見るにはちょうどいい時間なのでしょう。

 

 

ぜひ、いい気の流れの場所へ行き、感謝の気持ちでお参りをして、お札やお守りを活用して下さい。

 

 

ただし、お札やお守りの集めすぎには十分気をつけて下さい。

▼シェアボタンで友達に送る