陰口は運気を下げる(開運)

▼シェアボタンで友達に送る

 

すぐに人の陰口を言う

口を開けば誰かの悪口。

 

 

しかも、そういう悪口はだいたいが嫉妬から出ているのが丸わかり。

 

 

他人を悪く言うことで自分の運気を下げてしまっている人です。

 

 

人付き合いというのは、自分の人生に大きな影響を与える大事な要素です。

 

 

運気全体も下がってしまいますが、特に金運も下がってしまいます。

 

 

最初は知らず知らずのうちに、悪口というよりはうわさ話から始り、だんだんエスカレートして悪口にまで発展していきます。

 

 

これも、自分では気付かないうちにエスカレートしてしまっていることが多いのです。

 

 

友人と会話をしている時も、他人(そこにいない共通の友人等)のうわさ話や悪口は、お互いに共感できる話題なので、ついつい陰口となって出て来てしまうのです。

 

 

逆の立場なら分かるはずです。

 

 

もし、自分が陰口や悪口を言われていたら良い気はしないはずです。

 

 

また、人の陰口、悪口を言っている人というのは、こちらから見てもいい感じは受けません。

 

 

逆に相手に対しての信用を失う要因にもなりかねません。

 

 

すぐに陰口を言ったり、悪口を言ったりする人は、あまり深い付き合いをすると自分もどこかで同じように言われるかも知れないと思わせてしまうのです。

 

 

うわさ話というのは、あまり仲の良くない人と仲良くなっていくのにはとても簡単で、しかも共感できる話題なので、ついつい…そして、エスカレートしてしまう。

 

 

しかし、エスカレートしてしまったら取り返しがつきにくくなってしまいます。

 

 

最後はお互いにどこかで陰口を言い合って訣別。

 

 

なんてことも…よくある話です。

 

 

因果応報の法則はここでも働くのです。

 

 

このように、うわさ話、悪口、陰口は決していい結果を生みません。

 

 

百害あって一利なし。

 

 

人の陰口を言い合うような集まりも避けた方が良いでしょう。

 

運気をあげるためには?

悪口、陰口を言わなければ運気は上がる?

 

 

悪口、陰口を言わなければ、少なくとも運気が下がることはありません。

 

 

運気を上げるには、運気が下がることの逆をするのです。

 

 

ここでも、因果応報の法則を利用するのです。

 

 

つまり、人を褒める。

 

 

評価するような話題を口にするのです。

 

 

決して人と自分を比べず、人のいいところは見習うようにする。

 

 

自分が上手くいかない部分を上手くできる人がいれば、その優秀さを素直に評価して褒めてあげる。

 

 

この謙虚さと前向きな姿勢に良い金運が舞い込みます。

 

 

相手を褒めている人を見て、悪い人に見える人はいません。

 

 

相手を認めて、褒めることで、自分への評価も運気も上がっていくのです。

 

 

『運は人が運んでくれます。その運を引き寄せるのは自分自身の行動と謙虚さなのです。』

▼シェアボタンで友達に送る